コーヒーでも飲んでひといき。

心の底からつらい時のカラーセラピー

つらい時や悲しい時に、いつもは大好きなものでさえ、受け入れられないことってないですか?
音楽とかマンガとか本とか、テレビとか・・・いろいろあると思います。

わたしもあります。
ふだん大好きでよく聴くし、元気や勇気をもらっていたはずの音楽がなんだか耳に入ってこなくて、上すべりに感じたり。世の中のすべてが人ごとのように感じてしまったり。
なんだか、自分だけが蚊帳の外にいるみたいな、世界の外側にいるような、絶望感というか空虚感というか。

その日、夕方に仕事帰りで運転中だったのですが、小さな橋を渡るとき、左側に見えたのが沈んでいこうとする大きな太陽でした。ゆらゆらと揺れながら沈む太陽、それが小さな川面に映っている。低い空も川もオレンジ色でいっぱいになった夕焼け。
ひりひりとした気持ちでいたわたしは、その時ようやくあたたかい涙を流すことができ、そしてその太陽の大きく広がるオレンジ色を目にして、体中が包まれたような安らいだ気持ちになったのでした。

これこそがカラーセラピーです。

オレンジ色は、ショックを吸収してくれる色です。
たき火でもいいし、夕焼けでもいいし、みかんを食べるのだっていい、花だっていい。
オレンジ色のセーターだっていいし、イラストだっていいのです。
つらい状況にいるあなたのことを、オレンジ色はあたたかく包んでくれるでしょう。

わたしは、空や海や自然を見ると心がすっきりします。
だから自然の色を見て・・・というのをおすすめしたいのですが、癒しを感じるものはそれぞれ違うはず。
自分が心地いいと感じるもの、そこに色を取り入れるのが一番だと思います。

つらい時や悲しい時、どうしようもなくていたたまれない時、オレンジ色に寄り添ってもらってください。

北九州市でカラーセラピー・セラピスト養成講座をしています。 自分の気持ちがわからない、自分が好きなことややりたいことが分からない女性へ、ぐちゃぐちゃな心の中を整理するお手伝いをしています。